目の疲れ・衰え予防!

こんにちは!

現代の私たちの生活はパソコンやスマホを毎日当たり前のように使っています。眼は酷使されていて、とても疲れています。そんな目の疲れを解消する方法と、これから老眼予防をしたい方に今回は、方法を紹介していこうと思います。

眼がショボショボする、目が乾く、字が見にくいなどの「疲れ目」は目を休めたり、1~2日ぐっすり眠ると回復します。一方で「眼精疲労」は目の疲れが蓄積し、頭痛や吐き気、不眠、頭が重い、など目や身体に様々な症状が現れ簡単には回復できないようです。

そんなトラブルを解消するために日常的に「眼トレ」を行い続けることで、眼精疲労の症状の緩和をすることができます。特に手元の見にくさや、ピントの合わせづらさを解消できるみたいです。

ここからは目の調整力を整える方法を紹介していきたいと思います。
「遠近スライド」・・・
近くと遠くを交互に見て、目のピント調整力を整える眼トレ のこと。
レンズである水晶体の厚みを変えて遠近を調節する役目のある毛様体筋をほぐします。
毛様体筋は近くに焦点を合わせると収縮し、遠くに焦点を合わせると弛緩するので、この性質を利用します。毛様体筋の収縮と弛緩を繰り返すことでピント調整力の柔軟性を高めます。ピント調整力の衰えは10代からもう始まっています。この能力が衰えると老眼に繋がるようです。若いときから、しっかりとメンテナンスを行うと良いでしょうね。

【やり方】1セット
①片方の手の親指を顔から10センチ離して立てて、親指の爪を1秒間凝視する。
②①のまま、腕をまっすぐ伸ばし、親指の爪を1秒間凝視する。
③②の親指から視線を外し、2m以上先の対象物を1秒間凝視する。

これは眼鏡やコンタクトレンズをつけたままでOKだそうです。
やりすぎで疲れないように!
電車の中で手元と車内広告を交互に見るのも良いそうです。

毛様体筋をじっくり鍛えて、老眼なんて( ^o^)ノサヨナラ-=ニ=一=三【老眼】