グルトの骨癒合日数について

こんにちは日比で~っす(変化球)

さぁ、10月に入りましたね、10月と言ったらイベントがたくさんあります!!
ハロウィンに鉄道の日(14日)、スポーツの日(第2月曜日)、十三夜に神嘗祭(17日)そしてこの日比の誕生日(18日)でもあります。(蛇足)
もし覚えていたら接骨院で会った時は誕生日を祝ってください、切実に(笑)

さて今回はグルトの骨癒合日数についてお話しします。
骨折が起こった際、折れた骨同士をくっつける仮の骨(仮骨)が硬くなる時期がどれくらいかかるかどうかをある程度決めるための基準です。
しかし日数は年齢、全身状態や治療法等、多数の因子に影響があるためあくまでも標準であるために必ずしも一定ではありません。

1.指 の 骨(中手骨)→2週間
2.肋       骨 →3週間
3.鎖       骨 →4週間
4.前腕骨(頭骨・尺骨)→5週間
5.腓       骨 →5週間
6.上   腕   骨 →6週間
7.脛       骨 →7週間
8.下腿両骨(脛骨・腓骨) →8週間
9.大 腿 骨 骨 幹 部 →8週間
10.大 腿 骨 頸 部 →12週間

また子供は大人に比べて2~3割早く癒合します。
骨折の治療はこの硬化日数をいかに短縮であり、硬化日数が短ければ、骨折の治療期間も短縮されます。

最近の治療傾向は固定期間の短縮と、早期運動療法の開始に主眼において治療期間の短縮が目的であるためグルトの骨癒合日数が治療の標準です。

それでは失礼します