寝汗

こんにちは日比です~

最近寒いから布団を二枚重ねて寝ていますが寝汗をかいてしまうので夜中に何回も起きては新しい寝間着に着替える毎日を送っています(笑)
おかげで寝不足だよ~、後洗濯物が増えて大変だよ~


だから今回は寝汗(盗汗)についてお話をさせて頂きます。

寝汗とはその名の通り眠ると汗が出て、目が覚めると汗がやむものです。
東洋医学では盗汗と呼ばれています。
本来なら夜は陽の力(動的)が弱まり陰の力(静的)が盛んにになっていきますがイライラしたりして陽の力が続いていたり、体調不良や過労で陰の力が弱まったりするとバランスが崩れてしまい寝ている時は体内の水分を過剰に流出を防ぐための力が弱まり汗が出やすくなってしまいます。

主な原因
心血虚→心身の疲労で心血が消耗して心液の汗が心臓に蔵されず寝汗となって出ていく。
陰虚内熱→陰の力が弱まり相対的に陽の力が強まり陰液である汗を蔵されずに寝汗が出てきます。
脾虚湿阻→冷たいもの、生もの、甘いものの摂りすぎ、酒の飲みすぎで脾が弱くなり湿が気の循環を阻害し寝汗を出してしまいます。

以上が寝汗(盗汗)の原因となります。
東洋医学以外でも室温、湿度が高かったり、体温と布団の中の温度の不均衡、身体的疾患など様々な要因があります。
自分の場合は布団の重ねと過剰に厚着していたために寝汗が出てきたって感じかもしれません(笑)

これからも段々朝寒くなってきて布団から出たくない時が増えますが、寝汗で身体が冷えて風邪を引かないように気をつけてお布団でぬくぬくライフを~
さぁ、今日も布団が俺を待っている!!