ハロウィンについて

こんにちは日比です

10月になりましたね。10月といえばハロウィンですね。



ハロウィンといえば子供達が仮装して「トリックオアトリート」って言えばお菓子くれる日ですね。
最近は大人もドン・〇ホーテで仮装服を買って渋谷とかを歩き回っていますね~。
近年ではハロウィンの市場効果がすごくクリスマス、バレンタインに肩を並べるくらい経済を潤していますが、毎年起こるごみ問題や騒音等による悪い印象やコロナによる影響で減少傾向ですがそれでも、日本経済を潤す上位に位置しております。



ですがそもそもなんでハロウィンをするかは我々日本人はあんまり認識していません。
大体は仮装して街を練り歩いて、お菓子をもらいに行くくらいしかないと思います。
ではなぜハロウィンをするかを調べてきました。

ハロウィンは元々古代ケルト人が行うお祭りで、ケルト人は1年の終わりを10月31日、冬の始まりを定め、死者の霊が来るといわれ、その中には害を及ぼす悪霊や魔女等も来るため、そういった悪霊から身を守るために仮面を被り、仮装したり魔除けの火を焚いたりして対策をしていたとのことです。
怖い仮装や仮面を被ることにより、悪霊を驚かせたりして追い払ったり、同化することで悪霊を遠ざけることを目的にしているとのことです。
トリックオアトリートも元々はお菓子を与えることにより悪霊を遠ざけるためらしいです。
またハロウィンの象徴であるカボチャランタンであるジャックオランタンはアイルランドの童話が由来らしいです。

↑これです
ジャックは悪いことばかりしており、魂を抜き取ろうとした悪霊すらも騙したために地獄に落ちることもできず悪いことをしていたために天国に行くこともできずずっと安住の地を求めてさまよい続けたと言われています。
今ではカボチャでしたが、昔は白いカブが使われていました。
白いカブは故人の頭蓋骨を模していたとのことらしく、これを置くことで悪霊を怖がらせることができ魔除けとして使われていました。

こんな感じでハロウィンをざっくり調べてきました。ハロウィンがどういうものか少しでもわかってもらえましたら嬉しいです。
周りを見ていると今年のハロウィンを楽しみにしている方々がたくさん見えます、くれぐれも羽目を外し過ぎて周りに迷惑をかけないで家族友人でハロウィンを楽しんでください。
↓羽目を外して迷惑ばっかりかけていたらきっとこんな感じで悪霊がくるかも(笑)