太陽(当容)について

こんにちは日比です

最近は寒くなってきて布団からでるのが嫌な時期です
入るときは寒いですが段々少しずつ暖かくなっていきそれと同時に眠気がきて気づいたら寝ている毎日です。
まぁ、最近の休日は寝てばかりですが(笑)
因みに自分は布団を二枚重ねにして寝ているので今度の休みに毛布を導入するつもりです。

さて今回は「太陽(別名:当容)」についてお話をしていきます。

太陽(当容)は奇穴に属しており顔にあるツボです。
場所はマユ尻と目尻の間をとり、その後方に親指の横幅で少し窪みがあるところにあります。
すこし押すとこめかみが痛くなりますがそれは下顎神経(三叉神経第3枝)が支配しているからなんです。
陽は頭が諸陽の会で陽気が盛んであるためこの名がつきました。

主な効果は虫歯、目の疲れ、片麻痺、顔面神経麻痺、めまいに効果があります。
もし目が疲れているのであれば揉んでみるといいですよ~
揉む際はこめかみ付近で敏感なので優しく押してください、後は目元付近なので押す際は注意してください。

それでは失礼します