大横について

こんにちは日比です

もう少しで12月に突入しますね。12月になるとクリスマスがやってきますね。
クリスマスときたら「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」を観るのが定番です。
富野由悠季監督以外が務めたガンダム作品で戦闘シーンよりも子供の視点から見る戦争や一年戦争による複雑な人間ドラマは考えさせられます。
敗北を悟る老兵同士の会話、軍と刑事の会話、双方が条約を無視をしたりする描写はリアリティがあります。
登場するメカニックも「機動警察パトレイバー」でお馴染みのメカニックデザイナーの出渕裕が手掛けており、彼の特徴的な”ブチ穴”や兵器やMSに三次曲線を取り入れたりしてどこかリアリティがあり魅力的です。


さて今回は「大横」についてお話していきます。
大横は足の太陰脾経に属しており、場所は臍(神闕:任脈)から外方4寸先にあります。
「横」は水平を表しております。
また臍(神闕)の横にあるため神闕(臍)から順に盲兪(腎経)、天枢(胃経)、大横(脾経)そして帯脈(胆経)と並びます。

主な効果は冷えによる腹痛、下痢、便秘、腹部の筋肉のひきつりや張り、腹鳴です。
大横は大腸にあるため、特に便秘には有効です。

最近は寒くなってきてどうしてもお腹を冷やして痛めてしまうがみえます、就寝する際に腹巻などしてお腹を温めるだけでも変わっていきます。もちろん鍼灸も有効です。
刺激するときはイタ気持ちいいぐらいまで親指で押して円を描くように刺激するのもアリです!

それでは失礼します。