12/3 派閥


数日前の朝から、田んぼや畑に霜が降りているのをちらほらと見かけるようになりました。
風もすっかり冷たくなり、人肌恋しい季節とよく言われるこの時期ですが、私はつるつるの人肌よりも、家で待つふわふわの猫や、温い犬の耳が恋しくなります。
皆様は、猫派閥ですか?犬派閥ですか?私は断然両法派です。

こんにちは、スタッフのきまたです。
犬派か猫派かを問う質問然り、お母さんかお父さんのどちらが好きかを問うてくる両親然り。
それらの問いに”両方が好きだ”と言うと納得しない方が一定数みえますが、”両方を選んではいけない”というのは極めてナンセンスだと、私は思います。
例えばそれが、本当に片方を嫌っている、若しくは一方を過度に溺愛している場合なら、ストレートに答えを述べるだけで良い。
ただ、こういった類の質問に、本当に選びきれない2択を持ってこられた場合。
選びきれず悩むその葛藤の本懐は、他人には必ず理解しきれないものです。
だから、”両方派”という回答は間違いなく正しいはずなのですが、無神経にも2択から”どちらか一方を選べ”などと言う人はいつの世も存在します。

じゃあ、心臓を止めるか呼吸そのものを止めるか、どちらがいいか?という話です。
けれど、どちらもその人個人にはかけがえがない程に大切。
という思考の終着点を全ての人が共有したとして、必ずどちらかを選ばせる2択が無くなったとして、
やはり本当に心から思っている葛藤は伝わりようも無いので、ままならないものですね。

今日もよく冷えた1日でした。
はやく帰って、猫をたくさんぎゅっとして、犬の鼻を舐めたいものです。