東北に来たら

こんにちは日比です

寒さが強く、東京にも雪が降って積もっていることがあり、ここ愛知県もかなりの雪が積もったりして大変です。以前は熱くて嫌な夏が恋しくなってしまいます。しかしこの時期を超えたら春を迎えます。今は辛抱が多い時期ですが四季を堪能できるような心意気で過ごしていきたいです。
寒い時期東北の寒さは自分たちには過酷ですが、しかし東北には凍える思いをしてでも行きたいいろんな観光地がたくさんあり、人生一度でもいいから1か月位は滞在したいくらいです。
自分の中で特にオススメなのは秋保温泉のホテル瑞鳳と蔵王キツネ村です。
ホテル瑞鳳は仙台秋保温泉街にあり、近くには磊々峡や秋保大滝等観光地がたくさんあって非常に楽しいです。



温泉街には地元特産の食べ物やお酒、活気ある商店がありお店の人も気さくな方で優しさと温かみが伝わってきます。
ホテル瑞鳳も設備がたくさんあり温水プールやもみほぐし屋やおしゃれなBAR等があり充実したひとときを楽しめます。
また夕食のバイキングでズワイガニや牛タン等の高級食材があり雰囲気もゆったりとして高級料亭な感じが最高です。

特に卵焼きは卵本来の濃厚な味わいがあり甘美であり程よい弾力、口に入れた瞬間に卵本来の甘味が広がってもはやその域は執筆しがたく卵の可能性を無限に秘めた至高の味と言っても刺し違えないものです。

部屋は広々としておりのんびりでき、とりあえず最初にやることは部屋を隅々まで何があるのかを捜索したりして広縁の窓から見える景色を見ながら音楽を聴いて感傷に浸ったり、地元のテレビ局の番組を見て日常と非日常の狭間の世界に来たんだと思いその雰囲気をたのしみます。自分は好きですけどね

温室プールは本当に楽しくつい童心に帰ってしまい大人でも充分楽しめます。特にウォータースライダーなんて興奮して何回も滑りました。ここまでくると大人げないですが(笑)

温泉もとても広く丁度いい湯加減で時間を忘れてずっといられる位で特に露天風呂から見る自然が織りなす壮大な景色は観る者を圧巻させます、お風呂上りの牛乳ともみほぐしをすることにより旅で溜まった疲れ癒してくれます。
食事を終えて二度目の風呂に入ったり、BARで一杯飲んでいい気分になったらカラオケやゲームを興じて部屋でつまみと地元の酒とおつまみをキメながら地元テレビを見て最後に暖かい布団で寝る…最高ですよ!!
朝は朝風呂してリフレッシュしてから朝食バイキングでガッツリ食べて、お土産を購入してチェックアウトをしたら今度は蔵王キツネ村を目指して旅路を進めます。


宮城蔵王キツネ村は蔵王山にあり、文字通りのキツネと触れ合える唯一の動物園です。
キツネは100匹以上おり、珍しい種類のキツネがおりとてもモフモフして可愛いです



まず門に来るとキングコングがお出迎えしてきます(キツネ村なのに…)
どうやらスタッフさん曰くキングコングはある人のご厚意でくれたとの事らしいです。
初めて見たときはド胆を抜かれましたが、これはこれでインパクトがあり自分はいいと思います。
施設に入るとウサギやヤギもいてキツネ以外もおるんだな~って思います。
中にはゲージで可愛い赤ちゃんキツネがいっぱいいてきゃわわ~ってなりしかも抱くこともできてもふもふを感じる事が出来ます。
園内の中はキツネ達がみなのびのびとしており道を歩けば寝ていたり、他のキツネと遊んでいたり縄張り争いしたりしており様々です、キツネ達の中には気さくに近づいてきたりする子や触らせてくれる子もいますが、やはりそこは野生で威嚇してきたり、噛んできたり、中にはポケットの中のものを盗んでいくような子もいます。園内に入る前にポケットのものは出しておいたほうがいいです。盗られてキツネを嫌うようになったり、誤飲して亡くなるキツネもいますのでお互いがwin-winでいられるようにマナーはしっかりしましょう。
キツネは本当にかわいいのですがやはり野生とペットとは違うので線引きは大切です。

しかし野生だからこそ普段あまり見かけないキツネがどういう風に生活しているのかを間近に見ることが出来ます。

自分はそんな東北が大好きです。
社会人となり行く時期がどうしても限られてしまい、東北に行くことは難しいです。
しかし自分はまたいつか行きたいです。
みなさんもおすすめの東北観光地はありますか?
よかったら教えてください!!
それでは失礼します。