伏兎について

こんにちは日比です。

最近は寒さが厳しく雪が降り道路や線路等の交通機関に影響が出ており少し外出を早めなければいけないので大変ですね。天候も曇りが多くて干す時間帯も限られており洗濯物を二日掛けて干さなければ生乾きですからね。
早く暖かい春が来て欲しいですね。

さて今回は「伏兎(ふくと)」についてお話をさせていただきます。
伏兎は足の陽明胃経に属しております。
由来は膝から上の筋肉の盛り上がりが伏せたうさぎみたいな感じだからです。
自分はあんまり想像力がなくわかりませんが、昔の人たちはユーモアがあり想像力豊かですね。
場所は大腿骨の前面外側から膝の外縁から上に指先8本先にあります。

主な効果は下肢の麻痺、大腿部の筋疲労、膝関節の痛み、足腰の痛み、下肢の冷え、むくみ、痙攣、婦人科疾患、胃の疲れ等に効果があります。

足が辛い時は太ももをつまむように親指でツボを押した方が安定ししっかり押すことが出来ます。
ゆっくり押しイタ気持ちいいぐらいの強さで押すといいですよ。

それでは失礼します。