6/21 夏至


日が長く、6時を過ぎても昼間に近い明るさの今日この頃。
日が最も短い日とされる冬至、即ち12/22から約半年が経ち、本日6/21で日本は夏至を迎えます
まだつい最近まで日が落ちる速さに文句を言っていたような気がするのですが、時間が過ぎるのは速いものですね。


こんにちは、スタッフのきまたです。
日本における夏至は昼間が最も長い日、ですが、
日本と反対側に位置する南半球の地域では、夏至は昼間が最も短い日、にあたるそうです。

義務教育で習った、南極圏において夏至の頃合いに日が沈まない”白夜”は、
近頃流行った映画「ミッドサマー(夏至)」でも題材になっているので有名なところでしたが、南極圏では逆に昼間が短くなってしまうという事で、日本で言う冬至の夏バージョンですね。
日本と対極に位置すれば、起こる現象も正反対。世界の広さを再確認させられる話で、感慨深いものがあります。


日本では夏至を祝う風習があまりありませんが、よく考えると面白い話で私は好きです。
夏至は過ぎますが、暑い夏はこれからです。栄養のあるものを食べて、残りの夏も元気に乗り切りましょう。